紫外線によりニキビ跡がシミになる?

ニキビは紫外線を大量に浴びるとニキビ跡になってしまいます。 これは紫外線を浴びた際にメラニン色素と活性酸素が発生してしまうことが原因です。

活性酸素はニキビのアクネ菌を倒す為に生成される成分ですが、肌を攻撃する性質を持ってます。 そのため肌が乾燥して粗易くなったり、皮脂が酸化して毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。 このとき同時に生成されたメラニンが紫外線を浴びることで色素沈着を起こし、シミになってしまうのです。 メラニン色素は紫外線などから肌を守る重要な役割がありますが、炎症などで肌が弱っているとバリア機能が過剰に働いてメラニン色素が過剰に生成されてしまうことが原因で、シミになってしまいます。

紫外線のダメージは毎日肌に蓄積されており、シミをつくらないためには紫外線対策を行う必要があります。 特に20代後半になると肌のターンオーバーが衰えてくるので、注意が必要です。 有効なのは日焼け止めです。 日常生活ではSPF20~30前後のPA+++程度のもので十分対策が可能です。 ファンデーションにも紫外線効果があるものがありますが、不衛生な使い方をしているとニキビが出来てしまうので使用する際は注意しましょう。

ニキビ跡がシミになるのを防ぐには

ニキビ跡がシミになるのは肌で生成されたメラニンが原因と言われています。 ニキビによりアクネ菌が繁殖して炎症が起こると肌は菌を鎮めるために活性酸素を生成して退行します。 その活性酸素は菌だけでなく肌細胞にも攻撃する性質を持っており、その際にメラニンが生成されてしまうのです。 このようなシミを防ぐには、美白成分が含まれている化粧品を使用が有効です。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。 また一緒にピーリング化粧品を使用すればより効果的と言われています。 酸性の薬剤を使って古い角質を梳かすので、ターンオーバーを促進させ、同時に美白成分の浸透を助けてくれます。

ピーリングにもジェルや洗顔料、化粧水など様々なタイプがありますが、基本的にしっかりとピーリング成分が配合されているので、自身にあったアイテムを選ぶと良いでしょう。 ただ使い過ぎると肌へダメージを与えてしまうので注意しましょう。 週に2回程度が目安と言われています。 また、ピーリングを使用した後の肌は敏感になっているので美白だけでなく保湿も行うことで健やかな肌を維持することが出来ます。

ニキビ跡にならないようにするには、ニキビが酷くなる前にケアするのが良いでしょう。 一度ニキビ跡になってからでは治すのは大変になってしまうからです。

シミになる前にニキビ跡を解消する化粧品の選び方

もうすでにご存知と思いますが、ニキビ跡がシミになる主な原因はメラニンと言われています。 アクネ菌の繁殖により出来たニキビを鎮めるために、肌が活性酸素を生成して対抗します。 この活性酸素は殺菌効果を持っていますが同時に肌の細胞も攻撃する性質を持っています。 すると肌は活性酸素から守るためにホルモンが分泌されることでメラノサイトを刺激し、大量のメラニンが出来てしまうのです。

しかしこのメラニンも実は肌を守るための大切な役割を担っているのです。 シミになる前のニキビ跡を改善するには美白成分が含まれる化粧品が有効です。 商品によって配合されている成分は異なりますが、ニキビ跡にはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが効果的なので、それらの成分が配合されている化粧品を選ぶと良いでしょう。

また、ニキビ跡になる前の大人ニキビについてもケアすることが大切です。 大人ニキビを放っておくとそのうちニキビ跡へと進んでしまう可能性があるからです。 ニキビ跡になる前に大人ニキビニキビを解消してしまった方がケアも楽です。 大人ニキビを解消するおすすめ化粧品

このとき、ピーリング化粧品も同時に使用するとより効果的です。 ピーリング化粧品とは酸性の薬剤をしようして古い角質を溶かす効果があり、ターンオーバーの促進と美白成分の浸透の手助けする働きがあります。 ジェルや洗顔料、化粧水など様々なタイプがあり、自分に合ったものを選ぶことが出来ます。