トップページ » ニキビ跡がシミになるのを防ぐには

ニキビ跡がシミになるのを防ぐには

ニキビ跡がシミになるのは肌で生成されたメラニンが原因と言われています。 ニキビによりアクネ菌が繁殖して炎症が起こると肌は菌を鎮めるために活性酸素を生成して退行します。 その活性酸素は菌だけでなく肌細胞にも攻撃する性質を持っており、その際にメラニンが生成されてしまうのです。 このようなシミを防ぐには、美白成分が含まれている化粧品を使用が有効です。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。 また一緒にピーリング化粧品を使用すればより効果的と言われています。 酸性の薬剤を使って古い角質を梳かすので、ターンオーバーを促進させ、同時に美白成分の浸透を助けてくれます。

ピーリングにもジェルや洗顔料、化粧水など様々なタイプがありますが、基本的にしっかりとピーリング成分が配合されているので、自身にあったアイテムを選ぶと良いでしょう。 ただ使い過ぎると肌へダメージを与えてしまうので注意しましょう。 週に2回程度が目安と言われています。 また、ピーリングを使用した後の肌は敏感になっているので美白だけでなく保湿も行うことで健やかな肌を維持することが出来ます。

ニキビ跡にならないようにするには、ニキビが酷くなる前にケアするのが良いでしょう。 一度ニキビ跡になってからでは治すのは大変になってしまうからです。